フラッシュとレーザー脱毛の施術中に痛みはどのぐらい出る?

今まではムダ毛を処理する時はカミソリやシェーバーで剃るなど自己処理でしている人が多くいました。
しかしカミソリやシェーバーで剃る方法だと肌を傷つけてしまったり剃って処理した後に炎症を起こしてしまう事があります。
そのため肌の事を考えると自己処理は非常にリスクが高いので脱毛してしまう方がいいのです。

脱毛するには脱毛サロンか医療クリニックで脱毛の施術を受ける事になりますが、施術中に痛みが出てしまうというイメージが強いので不安になってなかなか通うまでいかないという人が多いです。
そのため実際に痛みはどのぐらい出てしまうのかを見ていく事にしましょう。

脱毛の施術は主に2種類で光脱毛とレーザー脱毛になります。
光脱毛は脱毛サロンで行われる施術でレーザー脱毛はクリニックで行われる施術になります。
この2種類の施術方法は大きく異なるので痛みの出方も当然変わってきてしまいます。

光脱毛は出力の弱い光を毛根に当てていって脱毛していく施術方法です。
光の出力が弱いので肌に負担がかからないので痛みはほとんど出ないというのが特徴です。

しかし1回の脱毛効果が弱いのでサロンで施術を受ける回数が多くなってしまいます。
そのため脱毛が完了するまである程度の時間はかかってしまうという事になります。

レーザー脱毛は医療用レーザーなので光脱毛より出力が強い光を毛根に当てていって脱毛していく施術方法です。
光の出力が強めなので肌に刺激を与えてしまって痛みが出てしまう事があります。

特に皮膚の薄い部位の脱毛だと痛みが出てしまう事が多いので施術前にスタッフの方との話し合いをしておく必要があります。しかし1回の脱毛効果が強いので光脱毛より早く脱毛完了する事が出来ます。

光脱毛とレーザー脱毛のそれぞれの特徴を見てみるとレーザー脱毛の方が痛みが出やすいと言えます。
しかしレーザー脱毛の施術をするクリニックは医療機関なので麻酔などで痛みの対応をする事が出来ますし出力を下げてもらう事も出来ます。
そのため痛みが出てしまったらすぐにスタッフの方に伝えるといいでしょう。

光脱毛とレーザー脱毛のどちらかを選ぶ時の基準はアレルギー体質で肌が弱いという人は出力の弱い光脱毛の方が向いていますし、
 
多少痛みが出てもいいから脱毛の施術を早めに終わらせたいという人はレーザー脱毛の方が向いています。
そのためどちらの施術を受けるのかは自分の肌の状態や脱毛する時間などを判断して決めていくといいでしょう。